Chat Tricolore(JSK)-Art Cloumn-

プット(羽の生えた幼児)って何者?!

 ドレスの胸元にいる天使のような子供は、イタリア語でプット(複数形だとプッティ)といい、羽の付いた幼児を指します。 

 プットが美術史上に登場したのは、ルネサンス期(14~16世紀)のイタリアです。ルネサンス期より前の中世で描かれるのは、ほぼキリスト教の宗教画。こんな可愛い有翼の子供が描かれるなんてことはまずありませんでした。天使は成人タイプも描かれていましたが、顔に6枚の羽だけ付いたり、顔はなく炎を上げる車輪タイプなどなど、人とは遠い感じで、ほとんど怪物状態で描かれていたのです。
  それが「古典古代文化復興と人間性を再生させよう!」というルネサンス時代になったおかげで、芸術家はキリスト教以外のモチーフが題材に取ることができるようになります。古代ローマ時代の遺跡も見つかったため、神話のヴィーナスの息子キューピッド(ギリシャ神話だとエロス)のような子供の精霊もあらためて描かれるようになっていくのです。これがルネサンス期のプットの始まりなのです。 

左:14世紀に聖書の飾りとして描かれた描かれた天使セラフィム

右「軍神マルスの戦車で遊ぶエロス」西暦98~117年、国立ローマ博物館蔵(イタリア)

 ルネサンス初期の頃で有名になったのは彫刻家のドナテッロ(1386-1466年)のプットで、ドナテッロはプットの創始者と呼ばれることもあるようです。  
 その後ラファエロ(1483-1520年)が「システィーナの聖母」を描いていた際、モデルとして立っていた母を彼女の子供たち二人が窓から覗きに来て、その様子を可愛らしく思ったラファエロが天使に見立てて絵の中に描き込んだようです。その後は聖母より、聖母の足元に描かれた天使のほうが有名になって、今では「ラファエロの天使ちゃん」と呼ばれ世界で一番有名な天使になってしまいましたね。

左「踊るプット」ドナテッロ作、1417年

右「システィーナの聖母」ラファエロ作、1513-14年、アルテ・マイスター絵画館蔵(ドイツ)

 プットは羽の生えた幼児で、いたずら好きそうな神や精霊だったはずなのが、こうして幼児の天使がたくさん描かれるようになって、天使とも思われるようになっていったようです。楽器を持った幼児の奏楽天使なども登場するようになりました。 
 さてこの有翼の幼児たちは、キリスト教の天使なのか、ギリシャ、ローマ神話の神や精霊なのか。見分け方はこうです。ヴィーナスが側にいたり弓矢を持っていればキューピッド(エロス)。ヴィーナスの側にたくさんいたらキューピッドの友達(従者?)プットということも。ややこしいですね……!

左「リュートを弾くプット」フィオレンティーノ作、1521年、ウフィツィ美術館蔵(イタリア)

右「ヴィーナスへの奉献」ティツィアーノ作、1518-19年、プラド美術館蔵(イタリア)

猫は神様? それとも悪魔の手先? 

 猫が誕生したのは古代エジプトで、ペットとして飼われるようになったのは4000~9500年前では、と言われています(諸説あります)。その多産性から豊穣神と結びつき、蛇神と戦う太陽神ラーは雄猫、月女神バステトは雌猫の姿で描かれました。神レベルで大切にされていた家猫が死んだ場合は、飼い主は眉毛を剃って喪に服する習慣まであったとか。

 そのエジプトからヨーロッパに猫が渡り、またキリスト教が布教されるようになると、猫の受難時代が訪れるようになります。豊穣の象徴は裏返せば淫欲の象徴とも取られ、奔放な猫の性質や容姿が悪魔的だとも受け取られるようになったからです。

 そんなわけで猫は古代エジプトでは神にたとえられていた存在だったのに、キリスト教下では魔女の手先として虐殺される時代を迎えるようになるのです。どうやらこの時期は魔女のみならず猫(特に黒猫)まで火炙りにされたり、塔から落とされたのだとか。猫のみならず猫を飼う人も処刑されることに。

  またキリスト教流布以前から夏至の祭り(後に聖ヨハネの日の前夜祭)には猫焼きという、複数の猫を袋や籠に詰め込んだり、木に磔にして焚き火にする厄除けの祭りも行われていたようです。人々は燃やしながらダンスを踊り、魔力を持つと考えられていた猫の燃え残りや灰は幸運のおまもりになるとして大事に持ち帰られたのだとか。

 しかし猫を葬った先に登場したのが大量のねずみ。そしてねずみがペストを流行させ人々を困らせました。そのペストでさえ猫が運んできた、と考えられた時期もあったようですが、やっぱり猫がいないとねずみを駆除できないことに気がついて、猫迫害の時期が終焉を迎えたのです。

 さて現代はもはやそんな猫の暗黒時代ではありません。ベルギーのイーペルでは昔の猫投げや火刑で処された猫を追悼する形で、1955年から3年に一度、5月に猫祭りを開催しています。昔は鐘楼から広場に向けて生きた猫を投げる習慣があったそうなのですが、現代の世ではぬいぐるみの猫を投げて、皆で奪い合うのです。世界から猫好きが集まり猫、魔女、ねずみなどに扮装して参加する人も多いて思い切り楽しんでいるそう。猫好きなら一度は参加してみたいですね!

左イギリスの大英博物館にある猫のミイラ、右イーペルの猫祭り

ドレスChat Tricoloreのネコ

薔薇が意味するものって何?

  花の女王「薔薇」が意味するものは何なのでしょうか? まずは紀元前の話から。  
 ギリシャ神話の美の神アフロディーテ(ローマ神話では女神ヴィーナス)のアトリビュート(象徴的な持ち物)となるのが薔薇です。キプロス島近くの海の泡(アフロス)からアフロディーテが誕生した際、大地が「自分も神々のように美しいものを生み出すことができる」と宣言。そして薔薇を生み出したのだそうです。この様を描いたのが、かの有名なボッティチェリの絵画作品「ヴィーナスの誕生」(1483年頃)なんですよ。
「ヴィーナスの誕生」ボッティチェリ作、1485年頃、ウフィツィ美術館蔵(イタリア)
 さてこのヴィーナス誕生当時薔薇は白かったそうなのですが、ヴィーナスが恋人アドニスを救おうとした際薔薇を踏んでしまい棘が刺さり、血で染まっために赤薔薇になったのだとか。そんなわけで赤い薔薇はヴィーナスと共に描かれる場合は、愛や美の試練と「愛の試練」を意味するのだそうです。  
 また「薔薇の下に(Sub Rosa)」という言葉がありますが、これは「秘密でね」という意味。ヴィーナスが浮気をした時に生まれた言葉で、ヴィーナスの子供キューピッドが沈黙の神に口止め料として薔薇を渡したからなのです。古代ローマでは宴会の際薔薇を天井から吊るし、薔薇の下で行われたことや話したことは他言無用、としたそう。西欧ではこの言葉が今も生きているのだとか(英語だとUnder the Rose)。
 キリスト教では天上の楽園の薔薇には棘はなかったといいます。しかしアダムとイブが蛇にそそのかされ林檎を食べるという罪を犯した際に、棘が生えたのだそう。罪を犯していない聖母マリアを表す薔薇には棘がありません。赤い薔薇は「殉教」、白薔薇は「純血」表します。

「薔薇垣の聖母」ロッフォナー作、1848年

 そして。このJuliette et Justineのワンピースに描かれた薔薇は英国ヴィクトリア時代の女性に愛された、今でいうコラージュ用シールパーツです。様々な色の薔薇で溢れていますね。赤薔薇は「愛情」、黄薔薇は「嫉妬」など花言葉を持ちますが、この服を着てたくさんの薔薇に囲まれたら貴方は薔薇からどんな物語やメッセージを受け取りそうでしょうか?

参考文献

https://en.wikipedia.org/wiki/Putto
https://inoparis.com/difference-cupid-angel/
『猫の歴史と奇話』平岩米吉著、築地書館、1992年
『黒猫マニアックス』黒猫愛好会編、白夜書房刊、2017年
『花の文化史』春山行夫著、雪華社刊、1964年
『春山行夫の博物誌Ⅰ花ことば』春山行夫著、平凡社刊、1986年
『暗号で読み解く名画』岡部昌幸監修、世界文化社刊、2021年
『名画の謎を解き明かすアトリビュート・シンボル図鑑』平松洋著、KADOKAWA刊、2015年

BACK