"Corradini” -Art Column-コッラディーニ-

 シャーリングブラウスはイタリアヴェネツィア出身のロココ彫刻家、アントニオ・コラディーニ(Antonio Corradini 1688年10月19日– 1752年8月12日)からインスピレーションを受け制作されたものです。

 コラディーニは多くの彫刻名作を残し、中でも「ヴェールに包まれたキリスト像(Cristo velato)」、「ネッサスとデイアネイラ(Nessus and Deianira)」、「ヴェールに包まれた謙譲(La Pudicizia)」などが有名です。

 コラディーニは白い大理石を媒体にし、人体が薄いヴェールで覆われた肉体の輪郭と表情が識別できるような彫刻作品をキャリア通して発展し制作してきました。特に女性の肉体が薄い透明なヴェールで包まれ、それによって官能と神聖的な神秘感の間で絶妙的なバランスがとられ、女性のしなやかな動きがその一瞬に凝縮され、一度注目したら目が背けられないほどの幻想的な空間美を築かれました。

 デザイナーはこの幻想的な空間美に注目し、薄くかつ透明度が高い楊柳を使いました。ブラウスを通して美しい胴体が見えるようで見えないような神秘感を作り、動く時風と共に揺らぐ軽やかさを与えたいと意図し制作しました。

Back

Japanese

[[recommendation]]