"Maison de Poupée"-Art Column-メゾン ドゥ プペ-

精巧に作られたドールハウス 

 この度ドレスのプリントデザインでは、アムステルダム国立美術館に所蔵されているペトロネラ・オートマンのドールハウスの画像を使用し、歴史豊かで上品な世界を演出した。

 ペトロネラ・オートマンのドールハウスDolls’ house of Petronella Oortman, anonymous, c. 1686 - c. 1710)は世界で最も有名で完璧に保存されているドールハウスの一つで、その最初の所有者はペトロネラ・オールトマンというオランダの女性だった。彼女は銃器製造業者の娘で、7 人兄弟のうちの 1 人だった。1686年にオールトマンは裕福なシルク商人ヨハネス ブラントと再婚し、記念のプレゼントとしてこのドールハウスが作られた

 ドールズハウスはフランスから来られた家具職人によって制作され、完成するまで20年かかったと言われている。中には家事部屋、キッチン、ダイニングルームなど全部で 9 つの部屋があり、画家ウィレム・フレデリクス・ファン・ロイエンとヨハネス・フォールハウトはそれぞれゲームルームの壁画とタペストリールームの飾りを作っていた。内装と陳列されている家具はすべて実際の生活に使われている材料で作られ、各部屋のプロポーションも正確に再現されている。キッチンに置かれている鍋は銅で作られ、棚に陳列されているお皿は、オランダ東インド会社によって注文され、中国から輸入した陶磁器だった。鼈甲細工と象嵌を施したこの素晴らしい作品は、やく20,000 から 30,000 ギルダーと推定され、当時アムステルダムの中心部で豪邸を一件建てるほどの金額だった。

  このように、私たちはそのリアルでアーティスティックな造りから、17世紀オランダ富裕層の暮らしを少し窺えることができた。

古き歴史のあるドールハウス

 始めの時ドールハウスは17世紀にドイツ、オランダ、イギリスを中心に作られました。当初、ドールハウスは娯楽のためではなく、純粋に実用的な目的で制作られた。ドールハウスは職人によって作られ、ミニチュアの家庭用品を詰め込み、あまり装飾を施されていなかった。母親たちが娘に料理人や使用人の人形に命令したり、大人になった時に家を管理する方法を教える、レディーになるための教材として最初使われていた。

 その後、ヴンダーカンマー(wunderkammer)と呼ばれる、富裕層が世界各地から珍しい品々のコレクションを展示し、訪問者たちを楽しませる部屋の繁栄とともに、ドールハウスも別の目的を持つようになった。この小さなデリケートな家の中に、高価なミニチュアがたくさん凝縮され、主人の富と素晴らしい芸術センスを誇示することであった。

Maison de Poupéeー歴史豊かで上品な世界へ

 深緑の森に囲まれる、古く歴史のあるお屋敷。凛々しいライオンのドアノッカーを叩き、重厚な木製の窓枠がプリントされたオーバースカートをなびけば、クラシカルなドールハウスの内装が内スカートに現れる。ゴージャスなバロック様式彫刻、手入れされた木のつや、眩しいゴールドの光沢、豪華の中に控え目な上品さが潜む。

 ドレス襟元はフロントがスクエア、バックがVラインデザイン。ブルゴーニュやゴールドカーキの靴と合わせば、より雅びやかな恰好にクリエイトできる。

 薄いカーテンから透けてくる、壮麗なお屋敷。まるで淑女生まれつきの気品のごとく、控え目で目立たず、誰も注意されないような小さな身動き一つから伺える。ルビー、エメラルド、宝石のように輝くエレガントな二色展開、どちらの方が貴女の品格を演出できるでしょうか。

Back