"Reverie" Art Column -不朽の王笏-

 ドレスのプリントではバロック時代に輝いたフランドルの画家ピーテル・パウル・ルーベンスのPortrait of Maria Serra Pallavicino、イタリア人画家カラヴァッジオの作品Youth with a Ramを取り入れた。

バロック巨匠の傑作:ルーベンスPortrait of Maria Serra Pallavicino

 プリントの中央に座る女性は、11世紀から始まるイタリア都市ジェノヴァの貴族系家庭、Pallavicinoファミリの一員である。おそらくこの肖像画は彼女の新婚記念のために描かれたものである。尊厳とエレガンスの象徴である巨大なラッフル、刺繍にまみれ豪華極まりのロングドレス、輝くジュエリー、大きな椅子に彼女は堂々と座り込む。どれも古き家系に育てられた女性の力強さと威厳を感じさせる。

バロック巨匠の傑作:カラヴァッジオYouth with a Ram

 女性の左右に配置された少年は、バロック絵画に大きな影響を与えた画家、カラヴァッジオが1602年に描いたJohn the Baptistシリーズの一つで、『新約聖書』で登場した人物洗礼者ヨハネである。ヨハネがキリスト教に回心し、以後キリストの先駆者として尊崇を受けられた。ヨハネが絵画作品では、子羊と一緒に登場するのが一般的と考えられ、そのため画面では少年右に羊が描かれていた。

ハートの女王:美と強さを備わる絶対的な存在

 フレームに囲まれるワンダーランド、力強い赤と黒のコンビネーション、ボリューム感のあるスカート、まるで不思議の国のアリスに登場するハートの女王のドレス。玉座に座るハートの女王は万物を眺め、絶対的な存在である。女王は権力の王笏を振り、トランプ兵たちは偉大なる方の命令で、貴方の運命を決める。男たちはこの美しさと強さの前で虜になり、罪を償い、許しを求める。

 至高の美と強さを備わる女性を前にして、誰も魅了され、屈服してしまう。そんなドレスを美しく強き貴女へ。

Back

日本語